studio729

729_3

川崎市中原区にある美容室、studio729の渡部雄一郎店長にお話をお伺いしました。

本年10月30日で、オープン30周年を迎えるstudio729。

地元に愛されて30年続く美容室。すべてを聞くには時間がない!でも、聞きたい!

そんな好奇心で、焼き芋を食べながら(笑い)お話してくださいました。

 

729_2

30年前、お店を開業したのは、雄一郎店長のお母様、渡部一子さん。

一子さんに美容師になるまでのエピソードもお話して頂き、印象的だった点は、

故郷の新潟から、美容師を目指していた時、

一子さんのお父様は東京に行くことに猛反対。

しかし、お母様は、一子さんの想いを知っていて、

東京方面の親戚へ事前に手配をし

お父さんが畑仕事に行っている間に、一子さんの

背中を押して上京させてくれた。

一子さんは、美容師になる夢を叶えて、当時勤務していた

美容室から独立!

30年前に、studio kazuko 729 と屋号を決めお店がはじまったのでした。

因に、729は、一子さんのお誕生日7月29日が由来です。(笑い)

当初のお店の名前は、旦那様の俊雄さんが名付けてくれたとか。

雄一郎店長は、一子さんの長男。

横浜の美容室で腕を磨いたあと、お店を継ぐことになり、その時、店名から

kazukoの文字を取り、今の店名 studio729になった。

一子さんは、店長が勝手に大切にしていた店名を変えた!

と、ちょっとムッとして(笑い)お話しされましたが、

息子さんが立派に跡を継いでくれている事に、目はとてもうれしそうでした。

729_4

雄一郎店長は、今年でスタイリスト暦16年!

独立する前の横浜のお店時代には、優秀な技術で表彰もされた腕前。

現在も日々、腕を磨いてらっしゃっていて、

得意なカットや技みたいなものありますか?

と、お聞きしたところ、

そんなのないよ。って真顔で・・・。

729_6

得意な技とかじゃないんだよね。

自分の技とか、そんなのどうでもよくて、大事なことは、

「いつも、お客様のために」

あと、

「髪質に関係なく、自由自在にできますよ」ってこと。

だから、技とかじゃなくて・・・心がけていることっていうのかな。

729_8

 そういえば、お客様からは見えない場所に書いてあった。

「いつも、お客様のために」 コンプライアンス と。

正直、街の個人経営の美容室に、コンプライアンスが掲げて

あるとは思いませんでした。

だけど、雄一郎店長のお話で、お客様のためと言う本気さが伝わってきました。

最後に、お二人の写真を撮らせて下さい。

母と息子。

オーナーと店長。

先代と二代目。

色々あって、お互い照れくさそうにしてましたが、やっぱり、うれしいんだ。

なんとも、居心地のいい美容室で、ふらっと寄ってしまう

常連客が多いのもわかります。

また、次回もお話をお聞きしたいと思います!

ありがとうございました!

studio729


大きな地図で見る

 

LINEで送る