M.A.K.鍼灸整骨院

mak_3

中原街道の下新城交差点から程近い、岩川バス停前にある
M.A.K.鍼灸整骨院の増田院長にお話をお伺いさせて頂きました。

取材日前日から当日の昼すぎにかけて、春の嵐のような荒れた天気だったため、冒頭、「今日みたいな天気だと、来院される方は少なかったのでは?」と、

お聞きすると、「いえ、皆さん来院され治療されましたよ」と。増田院長は、「当院はケガを治すところ」と、おっしゃられて、

いわゆる、30分肩もみをするようなリラクゼーション的なところではないので、患者さんも、治療に専念されていると伺いました。

冒頭に浅はかな質問をしてしまい、一瞬怒られるのかな、と思いましたが、

「リラクゼーションを求めて来院された方には、丁寧に説明してお断りすることもありますよ。」と、ゆっくりと、声のボリュームも大きくない感じで、お話してくれました。

あっ、イメージしていた先生と違う。というのが私の第一印象でした。

と言うのも、ホームページを拝見し、院長ご自身がアスリート(ランナー)でらっしゃると、知っていましたので、「気合い!」のような、体育会系の先生なのかな?と思っておりましたが、全く違って、ゆったり威圧感なくお話をしてくださる院長先生でした。

mak_6

中高生から社会人まで、多くのアスリート(競技者)の皆さんも来院され、ケガの治療や、体のケアをされていて、

中高生の施術の際には、話題のテレビの話などで、盛り上がることもあるとか。
もちろん、集中して治療する際には、無言になることもありますが、自然体な雰囲気の中で、治療することを心がけてらっしゃるようでした。

あと、お話の中で、印象的だったことは、増田院長は、「いかに時間をかけずにケガを治すか!」を常に考えておられること。

毎日通う治療なんて、時間がもったいない。
週に1度集中治療して、残りの時間を有意義に使う。そっちの方が価値的と。

冒頭の、リラクゼーションを求める方をお断りするのも、治療に専念するため。
何度も通うことを、良しとせず、短時間で治すことに集中すること。

増田院長は、一期一会って言葉が好きともおっしゃっていました。

なるほど、1回1回の治療を大事にされ、それが、早く患者さんを治してあげられ結果的に患者さんの為になるというところに繋がってると感じました。

mak_1

増田院長のお話を伺っていると、己に厳しい、ストイックさを感じましたが、でも、院長ご自身は、一人で、のんびりやりたいんだよ。と笑顔で。

様々な話題の中で、突然に、今後の展開、展望などを伺ったところ、

未来予想図は・・・・・

アスリート(競技者)が、トレーニングも治療も、ワンストップで行える施設ができたらいいな。ランニングフォームチェックもできたり、マシントレーニングジム、体のケアと治療、様々な機材も用意して、アスリートにとって、すべてがワンストップにできる治療院兼トレーニング施設ってあったらいいよねっ!。

唐突な質問にも関わらず、パッと、回答して頂き、しかも具体的!
増田院長は、「ただ自分が使いたいだけなんだけどね!(笑い)」と。
近未来が楽しみです!

DCF00226

この取材のあとも、「これから20kmランニングしてくるよ。」って笑顔で!

あっ、院長!写真を撮らせて頂きたいのですが。とお願いすると、後で送るよと、上のお子さんとのツーショット写真を頂きました!

頂いた瞬間、笑顔になりましたが、ご家族のお話もお聞きしたかったです!(笑い)

増田院長のところには、他の施術スタッフさんがいませんでした。
すべて、院長お一人でされている。それは、患者さんは、増田院長を支持されているから。
納得。

診療終了後の貴重なお時間ありがとうございました!
また、お話を聞かせて下さい!

川崎市で整体ならM.A.K.鍼灸整骨院

川崎市中原区の整骨院M.A.K.鍼灸整骨院

大きな地図で見る

LINEで送る